詳しく

detail

甘いものを食べると虫歯になる?

最近、虫歯になるのが怖くて甘いものを控えている。そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

甘いものを食べると絶対虫歯になるのではなく、その食べ方に問題がある場合が多いです。

私たちは、食事であれ、お菓子であれ、何か飲食すると、細菌の生み出す酸や飲食物の酸によって歯の成分が溶けだしています。これを脱灰と言います。

その後、時間をかけて唾液の成分により、溶け出した歯の成分を歯に戻しています。これを再石灰化といいます。

この溶かす力が戻す力よりも強くなると、虫歯になります。すなわち、甘いものをどれだけ食べたかという量よりも、どのぐらいの時間をかけて、甘いものを食べ続けていたのかが重要です。

もし甘いものを一気に食べてしまったのなら、あとは回復するのを待つだけになりますが、ずーと何かしながら甘いものを食べていたとなると、お口の中で常に歯の成分が溶けだしている状態になります。そうすると、溶け出した成分が戻る時間が無いわけです。結果虫歯になります。

飲み物なら平気と思われるかもしれませせんが、スポーツドリンクや野菜ジュースにも糖分が入っているので注意が必要です。

虫歯の原因は、歯みがきだけでなく、食習慣も影響する場合が多いので、気になる方は、レイクタウン市川歯科医院でご相談してみてください。