toggle

根管治療

根管治療とは?

根管治療とは、歯の神経がある場所の治療を指します。根管の中の死んだ歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、その後再度の細菌の侵入を防ぐため、歯根の管を封鎖する一連の治療の事をいいます。虫歯が歯髄にまで進行してしまうと、歯髄は死んでしまい、死んでしまった歯髄は取らなければなりません。
しかし、歯を抜かなくても、根管治療をきちんと行えばこの歯を助けることが出来るのです。
当院では、自分の歯をできるだけ保存治療(予防)を中心に、痛みのある部分だけでなくお口の中全体をチェックし一口腔一単位の治療を行うことで、長期的に口腔内の健康を保てるように心がけております

根管治療の手順

歯髄箇所まで削る

根管までの経路を確保

虫歯になっている歯の部分を削り、歯髄があるところまで、経路を確保します。

歯髄炎を起こしている

根管内の腐敗物を除去

根管内をリーマーと呼ばれる器具を用いて、取り除きます。この治療は、根管が無菌になるまで数回行われます。

土台を作り被せ物を作成

根管消毒

根管を消毒しながら、無菌になったところで、根充剤を詰めます。

Call Now Button