詳しく

detail

光学式う蝕検出装置(ダイアグノデント ペン)

レイクタウン市川歯科医院では虫歯をチェックする方法として、レントゲンを撮ったり、目視、器具で歯を触る、問診による食生活の確認、過去の記録との比較などにより、診査診断を行ってきました。更に虫歯の度合いをチェックできる機器としてこの度、ダイアグノデントペンを導入しました。これがどういうものかと言いますと、レーザー光を歯の表面に照射して、その蛍光反射から歯質の状態を読み取って数値で表します。これにより肉眼では見えない歯の内部の状態を数値で示すことができます。

あくまでこのダイアグノデントペンは虫歯チェックの補助機械として使っており、これだけで診断しているわけではありません。初めてご来院の患者様に全体的にチェックして数値を残したり、虫歯が疑われる歯に対して数値を測り、次回定期検診の時に再度検査してみて、数値を比較するなどの活用をしています。数値で残すことで患者様にも説明しやすくなります。一番問題なのは、数値が高くなってしまった時です。虫歯が進行している可能性があるので、削るなどの治療をおこなっていく判断にもなります。

ダイアグノデントペンが数値を出す仕組み

ダイアグノベントペンを使用する際には、最初に歯の表面をきれいにクリーニングします。虫歯菌が糖分を餌としたときに「ポルフィリン」という代謝物を生産するのですが、この物質がレーザー光を反射します。虫歯になっている場所は、代謝物が蓄積されているので、反射するという原理です。反射量が多いということは、虫歯菌の代謝物が多いということになり、虫歯菌の活動性が高いということになります。虫歯かどうか微妙な場合には、この数値を測定し、次回と比較するという方法を取ることもあります。

また、お子様にはあまりレントゲンをおすすめしていませんが、ダイアグノデントペンで中で虫歯が広がってることが疑われる場合には、レントゲンを撮らせていただいて、ダブルで診断をしていくときもあります。

機械のいい部分を利用して、あらゆる面から診断できるという点でレイクタウン市川歯科医院でもこのダイアグノデントペンを採用しました。もし、虫歯かもと不安な方はぜひ当院にご相談ください。