お悩み

Trouble

唾液検査

虫歯になりやすい、なりにくいがあるのをご存じですか?

毎日歯みがきをしていても虫歯になる人とならない人がいるのは、飲食の回数、唾液の持つ性質、虫歯菌の数などが関係しています。これらを調べることで、あなたにあった虫歯予防法を見つけることができます。この虫歯になる危険度をカリエスリスクと言いますが、カリエスリスクを唾液検査を通して調べます。

唾液検査でわかること

唾液検査

唾液は、咀嚼を助けるだけでなく、食べたり飲んだりすることにより起こる「脱灰(虫歯菌によって作られた酸により歯の表面からミネラルが失われた状態)」状態の歯面に失われたミネラル分を戻す働きもしています。この働きは再石灰化といい、実際に歯を守っているのは、実は唾液なのです。唾液について様々な角度から検査を行い、カリエスリスクを判定します。

唾液量
daeki

食事後のお口の中は虫歯菌により酸性に偏っています。唾液により中性に戻すのですが、唾液が多いことで、酸が中和されて、歯の表面を守ります。唾液の量が少ないと虫歯菌が作りだした酸を中和できず、エナメル質を溶かし始めます。目安は5分間専用ガムを噛んでいただいて、5~15mlの唾液が出て入れば許容範囲内です。

唾液緩衝能力
唾液緩衝能

人の口の中は、何も飲食してない時には、ほぼ中性(PH7)に保たれています。しかし、飲食をすることで、虫歯菌がお口に残った食べ物を元に酸を産出するので、お口の中は、酸性に傾きます。これを唾液の中の成分が中性に戻そうと働くため、虫歯にならないようになっています。この唾液緩衝力は、人それぞれ異なり、虫歯の発生に影響を与えます。

唾液の中の細菌の種類や量について

細菌の種類や量を知る事で口の中の状態や食生活を評価することができます。

ミュースタンス菌
sm

虫歯は様々な菌によって発症しますが、特にミュータンス菌が発生と進行の原因とされています。この菌自体は、1~3歳の間に母親から感染することが知られています。ミュースタンス菌は、プラーク(歯垢)の中に多く存在し、酸を作り出します。

ラクトバチラス菌
lb

この菌はミュースタンス菌に感染後の虫歯後期に影響します。この菌が増えやすい環境により増殖します。

食習慣
食生活

一定期間の食生活を書きだしていただき、食事や間食の内容や回数を調べます。食事をすることでお口の中は酸性になりますが、唾液の作用で徐々に中性に戻ります。食事の間隔が短いと、酸性の状態が続き、虫歯になりやすい状況になります。

検査時前の注意事項

  • 検査前1時間以内は飲食、喫煙、ブラッシングをしないでください
  • 直前に激しい運動はしないでください
  • 検査前12時間以内は殺菌剤配合洗口液の使用を避けてください
  • 検査前2~3週間にお薬の服用はないかお尋ねします
  • 体調が悪い時は避け、リラックスした状態で検査します

唾液検査の結果

カリエスリスク評価

採取した唾液を培養し、菌の量などを測定する他、検査結果を総合的に判断するため1週間ほどお時間をいただきます。次回ご予約時に、検査の結果と、患者様の状態に合わせた予防プログラムをお伝えしております。

費用

唾液検査は自費診療となります。1回3,150円(税込3,400円)

ご予約、ご相談はお気軽にお問合せ下さい
TEL.048-967-5300
レイクタウン市川歯科医院(土日祝日も診療)
JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 徒歩5分