お悩み

Trouble

矯正のQ&A

歯並びは遺伝するのですか?

基本的に歯並びは遺伝しやすいと考えられています。しかし、後天的要因(虫歯などで、乳歯が早く抜けてしまい、永久歯の出る場所が不足してしまった。顎の異常成長、指しゃぶり、舌の癖)で歯並びが悪くなる場合がありますが、それらは遺伝しません

歯並びが悪いとどんな影響がありますか?

虫歯や歯周病になりやすくなったり、ものを咬む能率の低下、発音障害、顎の成長に対する悪影響、顎関節や筋肉の病気、ストレスなどが考えられます。

舌の悪い癖について

何もしていない時に、下が上下の歯の間に挟まった状態になっていたり、つばや物を飲み込むときに歯と歯の間にしたを強く押し出すような癖のことをいいます。出っ歯や開咬などの不正咬合の原因になります。

指しゃぶりの影響

指しゃぶりは、上顎の骨を変形させてしまったり、前歯が動いて出っ歯や開咬などの不正咬合の原因となります。3歳ぐらいまでの指しゃぶりは問題ありませんが、5歳以降も指しゃぶりを続けているようでしたら、止めさせる方法を考えた方がいいでしょう。

差し歯の箇所があるが、矯正できますか?

差し歯は、歯の神経が喪失しておりますが、歯の移動は、歯の根と歯槽骨(歯を支えている骨)の間で生じる組織変化にて起こりますので、可能です。しかし、矯正終了後に、差し歯が合わなくなる場合もありますので、その時は、再度作り直す必要があるかもしれません

歯ぎしりや、咬みしめが強い場合は、矯正に影響がありますか?

矯正治療如何に関わらず、歯ぎしりは、歯や口の周囲組織に大変有害ですので、原因の究明と解決が必要です。奥歯でしっかり咬みしめられることは良いことですが、常に必要以上に咬みしめている場合は、問題がありますので、原因究明が必要です。

部分的な矯正はできますか?

上顎だけ、下顎だけといった矯正は、本来ないはずです。なぜなら、咬みあわせが存在するため、上下合わせて調整していくことが基本です。ただし、歯科治療の一環で、矯正治療をする場合もありますので、不安な点は、先生に相談してください。

抜歯について

歯が重なっている部分に対して矯正を行う場合は、抜歯の選択があると思いますが、当院ではなるべく抜歯しない方向で治療を進めています。しかし、症例によっては、抜歯が必要な場合もありますので、先生からの説明を良くお聞きになり、不安な点はご相談ください。

目立たない矯正装置が希望なのですが

現在は様々な目立たない矯正方法があります。ご希望に合った矯正方法を提案いたしますので、先生にご希望を伝えてください。

矯正治療は保険は効きませんか?

一般的に矯正治療は、自費治療となります。しかし、原因によっては、保険適用になる場合もありますので、詳しくは先生にご相談してください。

治療中は虫歯になりやすいですか?

装置を装着する分、プラークが溜まりやすい箇所が増えます。食後やおやつ後、寝る前には必ず歯みがきを行いましょう。矯正期間は、通常の歯みがきよりも丁寧にする必要があります。歯磨き指導は、プログラムに含まれていますので、ご自身できちんとマスターしてください。