お悩み

Trouble

歯がない・噛めない

しっかり噛めるようになりたい!

一度失った永久歯は二度と元に戻ることはありません。しかし、歯としての機能を回復させる方法は色々あります。患者様のお口の中の状態やご希望により、インプラント、義歯(入れ歯)、ブリッジなどの方法をご提案させていただきます。各方法には、メリットデメリットがありますので、全ての患者様によいという方法ではありません。患者様が良くご理解なさって方法を選んでください。歯がないことを悲しまずに、出来る方法で美しいスマイルを取り戻しましょう。当院では、インプラント専門医をはじめ、総義歯を得意とする歯科医師が在籍しておりますので、安心してお任せ下さい。

治療法の選択肢

歯を1本失った場合
インプラント メリット デメリット
インプラント
  • ご自身の歯のように強く噛める
  • 見た目がきれい
  • 他の歯の負担がかからない
  • 骨の状態や健康状態によっては、インプラントが出来ない場合もある
  • 自費治療となる
  • 外科手術を必要とする
  • 治療期間が長い
部分入れ歯
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険治療も可能
  • 噛む力が他の治療法より劣る
  • 部分入れ歯を支えるバネが見える場合もある
ブリッジ
  • ご自身の歯のように強く噛める
  • 保険治療も可能
  • 自費治療により白い歯にすることもできる
  • 違和感がない
  • 両脇の健康な歯を土台にするために削る必要がある
  • 両脇の歯の負担が大きくなり歯の寿命が短くなる場合がある
歯を数本失った場合
ブリッジ メリット デメリット
インプラント
  • ご自身の歯のように強く噛める
  • 見た目がきれい
  • 他の歯の負担がかからない
  • 骨の状態や健康状態によっては、インプラントが出来ない場合もある
  • 自費治療となる
  • 外科手術を必要とする
  • 治療期間が長い
部分入れ歯
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険治療も可能
  • 自費治療により金具がなく見た目や機能に優れたものを作ることができる
  • 歯を削る必要がない
  • 取り外して調整可能
  • 硬いものを噛みにくい
  • 食べ物がつまりやすい
歯をすべて失った場合
義歯 メリット デメリット
インプラント
  • ご自身の歯のように強く噛める
  • 見た目がきれい
  • 自分で取り外しができるものも可能だし、取り外しができないものも可能
  • 骨の状態や健康状態によっては、インプラントが出来ない場合もある
  • 自費治療となる
  • 外科手術を必要とする
  • 治療期間が長い
総入れ歯
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険治療も可能
  • 自費治療により見た目がきれいでしっかり噛めるものもできる
  • 取り外して調整可能
  • 保険治療の場合は、材質や強度に限界がある
  • 食べ物がつまりやすい

関連記事

インプラント

安心の日本口腔インプラント学会専門医による、インプラント無料相談を随時行っています

詳しく見る >>

ブリッジ

ブリッジは両サイドの歯を削らなければなりませんが、しっかり噛める治療法です

詳しく見る >>

ご予約、ご相談はお気軽にお問合せ下さい
TEL.048-967-5300
レイクタウン市川歯科医院(土日祝日も診療)
JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 徒歩5分