お悩み

Trouble

虫歯になるとき

虫歯菌

お口の中には、虫歯菌としてミュータンス菌とラクトバチラス菌が存在します。
ミュータンス菌:糖分を栄養として歯を溶かす酸を作ります
ラクトバチラス菌:虫歯菌の進行を促し、強い酸を作ります

虫歯菌

歯を溶かす酸を産生

虫歯菌が糖分を栄養にしてプラークをつくり、プラークの中で歯の表面(エナメル質)を溶かす酸を産生します。

唾液はプラークにさえぎられ、歯の表面(エナメル質)まで届きません

歯を溶かす酸を産生

歯の表面(エナメル質)を溶解→脱灰

プラークの中で発生した酸により、歯の表面(エナメル質)が溶け出し、歯の成分であるカルシウムとリン酸が失われます

さらに歯の表面(エナメル質)が溶け出し脱灰が進むと、虫歯になります。

歯の表面(エナメル質)を溶解

唾液には、虫歯から歯を守る力があります。

脱灰(虫歯になりやすい状態)

酸が歯の表面(エナメル質)を溶解します。

脱灰
再石灰化(虫歯になりにくい状態)

唾液が歯の表面(エナメル質)を再形成します。唾液が酸を中和し、歯の表面(エナメル質)を元の状態(虫歯になりにくい状態)にもどします。

再石灰化

関連記事

虫歯になるとき
虫歯菌

虫歯は歯の周りの細菌が出す酸により歯のミネラルが失われることで発生します

詳しく見る >>

根管治療

神経まで及んでしまった虫歯も根管治療を施すことで歯を残すことを目指します

詳しく見る >>

ご予約、ご相談はお気軽にお問合せ下さい
TEL.048-967-5300
レイクタウン市川歯科医院(土日祝日も診療)
JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 徒歩5分