お悩み

Trouble

歯が痛い・しみる

虫歯といっても、部位や痛みが起こっているかどうかなどの進行具合によって治療が変わります。当院では、予防歯科の観点で診断を行っております。口腔内をチェックし、虫歯が初期でお痛みがなければ、すぐに削って治すのではなく、唾液検査やその他の検査を行うことで、虫歯になる原因をお調べし、虫歯にならない為の指導をしていきます。また、お痛みのある患者様の場合は、応急対応として虫歯治療を行いますが、お痛みのない状態まで治療が進みましたら、唾液検査やブラッシング指導、クリーニングを行い、虫歯にならない為の指導をしていきます。当院では、虫歯になってしまった歯を治すのではなく、虫歯にならないようにすることを目標とした治療を行っています。

虫歯になる原因

虫歯の原因は、大きくわけて3つ、口腔内の細菌、歯質、食物です。

細菌:口腔内には数多くの細菌が存在しているが、中で虫歯原因菌と呼ばれる菌の種類や量

歯質:虫歯原因菌の作り出す酸に対して弱いか強いか。それに加え、形・歯並び・唾液量

食物:摂取する食物の砂糖量やその頻度

これらの原因に時間の経過が伴って虫歯を発生させます。

虫歯になる原因

唾液の機能

  • ①細菌の発育を抑制する
  • ②細菌に抵抗する
  • ③食べ物を飲み込みやすいくする
  • ④でんぷんを分解してくれる
  • ⑤味わいを敏感にしてくれる
  • ⑥口中をなめらかにして乾燥を防いでくれる

唾液は、咀嚼を助けるだけでなく、食べたり飲んだりすることにより起こる「脱灰(虫歯菌によって作られた酸により歯の表面からミネラルが失われた状態)」状態の歯面に失われたミネラル分を戻す働きもしています。この働きは再石灰化といい、実際に歯を守っているのは、実は唾液なのです。

虫歯の進行度合いと治療

C1
エナメル質う蝕症
エナメル質の表面に不透明な白濁があったり、黒っぽい着色があったりします。痛みはありません。

  • ●経過観察
  • ●唾液検査
  • ●シーラント塗布
cavity001
C2
象牙質う蝕症
虫歯が象牙質まで達します。虫歯の穴は内部で大きく、広がっています。一時的な痛みや、甘いもの、冷たいものに刺激を感じます。虫歯が出来たことに気付く段階です。

  • ●コンポジットレジン充填(歯科用プラスチックによる補修)
  • ●インレー作成(銀色や白色の詰め物)
cavity002
C3
歯髄炎を伴うう蝕症
歯髄(神経)まで虫歯が進行した状態です。初期の段階では歯髄が炎症を起こし、持続する痛いがあり、時には激痛があります。冷たいものや温かいものにとても痛みを感じます。歯髄はまだ生きていますので、歯髄炎と呼ばれます。

  • ●根管治療
  • ●クラウン作成(銀色や白色の被せ物)
cavity004
C4
残根状態のう蝕症
歯冠はほとんどなく、歯根だけになります。歯根の先にも膿が溜まる場合もあり、歯肉の腫れを伴う場合もあります。

  • ●根管治療
  • ●クラウン作成(銀色や白色の被せ物)
  • ●抜歯
cavity005

関連記事

虫歯になるとき
虫歯菌

虫歯は歯の周りの細菌が出す酸により歯のミネラルが失われることで発生します

詳しく見る >>

根管治療

神経まで及んでしまった虫歯も根管治療を施すことで歯を残すことを目指します

詳しく見る >>

ご予約、ご相談はお気軽にお問合せ下さい
TEL.048-967-5300
レイクタウン市川歯科医院(土日祝日も診療)
JR武蔵野線 越谷レイクタウン駅 徒歩5分